阿倍野区 肩こり

中々解決しない肩こりの原因は、脳が誤作動を起こしている

投稿日:

私たちが立っている時や
座っている時は
(つまり寝ている時以外)

常に筋肉は働いています。

筋肉が働くという事は
収縮(縮んでいる)しています。

それは重力に対抗して
身体を維持するために
意識をしなくても
その状況は起こります。

その時に働く筋肉を
抗重力筋と言います。

私たちの頭は
体重の約10%の重さだと言われています。

体重50Kgの人であれば
約5Kgです。

両腕も合わせて10%の重さ、

つまり
頭と両腕で約10Kgの
重さを常に頭と肩で
支えています。

更に姿勢が悪くなると
首肩にかかる荷重は
2~3倍になると言われています。

これが肩こりの原因です。


と言われています。


これが冒頭で書いた
立っている時や
座っている時はという事につながります。

つまり寝ている時は
本来であれば
頭や腕を肩首が
支える必要がありません。

支える必要がなければ
筋肉も働く必要がなく
固く収縮するはずがありません。

どんな肩こりの人も
横にさえなれば
肩こりは解消するはずです。


理屈でいえば・・・。


しかしほとんどの方は
横になっても肩こりのままです。

もはや頭や腕を
支える必要がないのに。

この状態は本来であれば
働く必要がない筋肉に
脳が間違った命令を
送り続けているのです。

ですから
肩をもんでもストレッチしても
肩こりが治らないのは
この間違った情報を
リセットしてあげないといけないのです。

ではどうしたらいいか・・・。

意識の部分ではなく
潜在意識へ働きかけてあげると
脳はリセットされていきます。

フィジカルとメンタルに
同時にアプローチする
方法があります。

そうすると深~い部分から
きちんと緩んできます。

解決しない肩こりにお悩みの方
一度ご相談ください。


お問い合わせ・ご予約は
【痛みと歪みの徹底改善】
大阪市阿倍野区御堂筋線
「昭和町駅」1番出口前
健康塾真愈整体院
電話番号:06-6622-4872

-阿倍野区 肩こり

執筆者:

関連記事

肩が痛い2 肩を上げるセルフケア

腕を挙(あ)げる時は 実は肩甲骨も巻き込んで 運動をしているのだと 昨日お話ししました。 骨格的にいうと この肩甲骨へ着目することが大切です。 しかし、骨格に対しては 中々セルフケアをするのは むつか …

肩が上がらない時のセルフケア

腕が上がらない時の セルフケアをお伝えします。 関節には相反する動作する 筋肉が一対でついています。 片方の筋肉が働くときには 一対の筋肉が緩むという 条件が要ります。 肩を上げるときに働く筋肉は 三 …

no image

足首から肩こりを解消する

肩から遠く離れた 足首から肩こりを解消 今日はそんなセルフケアです。 肩こりの原因の一つとして 身体の歪みというのがあります。 骨盤やその上の背骨 の歪みが首の骨(頸椎)に影響し 肩こりを作る原因にも …

肩こりに効く かんたん気功

今日は前後功です。 手を呼吸とともに前後に動かします。 この功法は前後に動かす手のバランスで 体の軸を意識します。 手を大きく前後に伸ばすストレッチではありません。 肩の力を抜いてゆっくり前後に動かす …

痛くて挙がらない腕を上げる方法

腕を上げる時に 邪魔する筋肉を緩める セルフケアをやったのに 上がりにくい場合は 関節自体問題を考えます。 肩か挙(あ)がらない原因として 肩関節の動きが悪い場合は 上腕骨と肩甲骨の間の 動きが悪い場 …